HOME>トピックス>こんな時に旦那にイライラ!結婚生活で見えてくる欠点とは?

どんなに好きな相手でも欠点が見えてくる

夫婦で一緒に生活を共に過ごしていると、お互いに長所だけではなく欠点にも目が行くようになってきます。お互いの不満が解消されないと、結婚生活に溝ができ、最悪の場合には修復不可能となってしまいます。特に女性は、仕事だけでなく家事・育児をする割合が大きくなるかと思いますが、旦那さんのどのような所にイライラしているのかを見ていきましょう。

旦那のこんな所にイライラする!

  • 育児に対してあまり積極的でない
  • 家事で忙しい妻の側でダラダラしている
  • 飲みに行くことが多い
  • 休みの日にも一人で出かける
  • 給与明細を見せない
  • 趣味にお金をかけすぎる
  • 感謝の気持ちがない

女性は出産がきっかけで気持ちが変わることも

女性の場合、出産を機に旦那に対してイライラすることが増えたという声も耳にします。また、相手に悪気がない場合でも、「旦那の給料があまり良くない」ということが原因で、離婚を検討する女性もいるようです。そのような時には、つい自分のオーラの色もくすんでしまいがちです。一度深呼吸をして、現在の状況を省みる余裕をもってはいかがでしょうか?

イライラを減らすためにできること

女性

相手に期待しない

パートナーに「もっと手伝ってほしい・もっとわかってほしい」と、色々と期待を持ってしまうこともあるでしょう。しかし、それが叶わなかったときには裏切られた気持ちになり、イライラしてしまいます。そのストレスを軽減させるなら、相手がどのような行動にでるのかを理解しておくと、思うようにならなかった時にも「やっぱりね」と受け流すことができます。

相手の得意を見つける

女性の方が一枚上手になり、旦那の得意とすることを見つけ、褒めながらその得意分野のみで協力してもらうという方法もあります。相手に対する不満を持つより、「そこだけは得意だから」と接することで、無駄にイライラしてしまう気持ちを回避できます。

旦那にかまってみる

子どもが生まれて育児が始まると、子どものことが最優先になってしまいます。以前に比べると旦那にかまう事も減ってしまうので、自分から相手に対する思いを伝えてみてはどうでしょうか?実際に、これがきっかけで喧嘩の回数も減る傾向にあるようです。

こんな時に旦那にイライラ!結婚生活で見えてくる欠点とは?

星座

イライラしない人はいない

イライラしてしまうと、つい自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。育児は母親だけがするものではなく、夫婦共に協力しながら行なっていくものです。旦那に対してイライラしない、という方はほとんどいないかと思いますので、自分なりにストレス発散方法を見つけることが大切です。